こちらは大阪のある市に住んである。こういう市の中では特別混雑のある駅舎で、モールや小さめの百貨店、病舎など一生の全てがことたりる場所にこちらは住んである。駅前それなりに個人もいて連日にぎわったりしているのですが、ここ数年で気になる定義のひとつが食堂の閉店の多さです。全国にあって大人気の循環店頭のスウィーツ店頭やファミレス、鍋の店頭、食堂などもがらっと数年以内には敗走してしまいます。にぎわうのは最初の法だけで、必ずだんだんとうら淋しい感覚になっていきます。隣り合ういくつかの市から私の市のモールや百貨店に来る働き手はそれなりのにぎわいさを見せるのに、です。こちらは以前にこどもを授かり外食にも多彩行くのですが、行ったら閉店していた・・という状況があまりにも殆どで損害を受けます。大阪市内ではもちろん、その他の市も繁盛している循環店頭までもがここ数年で何売店もつぶれてしまいました。だいぶ内痛めている状況です。最近は何かここ、という切り札になるご飯がこういう市にも誕生するといいのになあ、と歩廊を歩きながらぼんやり考えています。借金返済に一人で悩む前に打ち明けてみませんか?